賃貸

英語中級者への道(英語入門者~中級者向けの英語学習サイト)

HOME英語勉強法英検準1級対策英作文に挑戦ヒアリングマラソンコラムリンク


英会話スクール選びのポイント


 日本人は英語を使う機会があまりありません。高額な費用になりますが、英会話スクールは数少ない英語を話す機会の場です。 ここでは英会話スクールを利用するポイントとスクールの選び方を紹介します。

英会話スクールに通う



  

英会話スクールは未来への投資

読む・聞くスキルは1人で学習することができますが、日本に住んでいると英語を話す機会がほとんどないと思います。 日本人は英語を話す機会がないから上達しないのです。そこで有効なのが英会話スクールです。

皆さんご存知のように英会話スクールは非常に高額な費用がかかりますが、ほんとうに英語が話せるようになりたいのであれば未来への投資と思ってください。

ただ最近は(質の問題は別として)ネットでできる安い英会話や、喫茶店などで安い金額で教えてくれるところもありますので、 そちらも選択肢の1つとして検討してみるといいと思います。


自分なりの工夫が必要

よく「英会話スクールでは話せるようにならない」なんて言う方もいますが、それは講師に頼りすぎていたり、工夫が足りないからだと思います。 高額のお金を払っているため、講師におまかせしたい気持ちもわかりますが、講師は優秀な人ばかりではありません。 日本に興味があって来日し、生計のために英会話で働いてる方もいるので、もともと講師のプロでない方もいます。 よって、自分でも努力が必要なのです。

例えば、自宅で勉強した成果をスクールで試してみるとか、勉強して疑問に思ったことを書き溜めておき、レッスンのときに聞いてみるなど、 講師任せではなく、自分で誘導するような形にしてみるのもいいでしょう。

また英会話スクールが用意したテキストの質もよくないことがあります。気に入らなければ無理して使う必要はありません。 スクール側に「こんな感じでレッスンしたいのだけど・・・」と相談してみましょう。 英会話スクールに全てを任せるのではなく、自分でも工夫することが大事です。


マンツーマンで講師固定がオススメ

レッスンのプランはグループレッスンやマンツーマンなどいろいろありますので、自分に合ったものを選んでください。 個人的には自分のペースでできるマンツーマンがお薦めです。 グループレッスンだと、他の生徒さんの時間を拘束してしまうため個人的な疑問も聞きづらいし、話す機会も人が多いだけに減ります。

また、できれば講師は固定にしてもらいましょう。自分の癖や弱点など分かってもらえて、的確なアドバイスがもらえます。 毎回講師が変わるのは、いろいろな英語が聞けるメリットがある反面、毎回自己紹介で終わってしまう可能性があります。

あと気をつけなければいけないのは、講師のレベルに差があるということです。 講師によってはプロ意識がなく、ほぼ雑談で終わってしまうケースがよくあります。 そういう場合はしっかり自分で意思表示してレッスンを進めてください。 疑問・質問をぶつけて、自分のペースに持っていくのもいいでしょう。表現の使い方などを聞くと、意外と熱心に教えてくれたりします。


誤った英語は訂正してもらう

自分が話した英語に間違いがあったときは訂正してもらえるようにお願いしましょう。 「間違って話しても相手に通じればよい」という意見もあると思いますが、 誰かが直してくれなければ永遠に間違った英語を使いつづけてしまいます。やはり正確な英語を話せるようになりたいですよね。

私は「間違った英語を訂正してくれる講師」が優秀な講師だと思っています。 「英語が変だけど、なんとなく理解できるからいいや」と思って、何も教えてくれない講師はいい人であってもいい講師ではありません。

また余裕があれば講師が話すときに、どのような英語表現を使っているかチェックしてください。表現を真似して自分のものにしてしまいましょう。


英会話スクールの選び方


英会話スクールの選ぶ際のポイント

高額な費用の英会話スクールですが、最近はオンライン英会話も含め、かなりの数のスクールが存在します。 では、どのように選らんだらいいのでしょうか?いくつかポイントを紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。


インターネットでの評判

たいていの方は英会話スクールに通う前にインターネットで調べると思います。 英会話スクールのWebサイトを見るのもいいですが、 実際通っている生徒さんのクチコミ・評判なども調べるといいでしょう。

{スクールの名前}と"評判""の組み合わせで検索すると結構ヒットします。 受付の対応、テキストの質、講師の質、料金システム、柔軟性などに注目してください。 また英会話スクールの比較サイトも参考にしましょう。


受付の対応

目星のスクールを決めたら、次にすることは電話での問い合わせです。 このとき、受付の対応に注目してください。 受付の方は、これからずっとお世話になる可能性もあるので、意外に重要です。 説明不十分だったり、言葉遣いが悪いと、あとでトラブルになる可能性もあります。


無料体験レッスン

電話で問い合わせた後は、たいてい無料体験レッスンを受けることになります。ここでも受付の対応に注目です。 実際に会うことになるので、電話で話したときより、評価がしやすいと思います。

笑顔で対応してくれるか、丁寧に説明してくれるか、質問にちゃんと答えられるか注目します。 もっとも気になるのは、レッスン方法、料金体系、振り替えの取り方などですが、理解するまで説明してもらいましょう。 認識違いがあると、あとでトラブルになります。いい受付の方ですと少し規則に反しても柔軟に対応してくれることがあります。

さて、説明を受けたら、体験レッスン開始です。 ここで講師の方と会うことになると思いますが、正直講師の質の判断は難しいところです。 なぜなら講師によってかなり質の違いがあるからです。体験レッスンをしてくれた人がレギュラーの講師になってくれるとは限りません(指名できる可能性もあり)。

判断が難しいところですが、せめてレッスンの進め方が確立されてるか注目してみましょう。 進め方がスムーズで、沈黙せずにうまく誘導してくれるか、無駄話で終わらないか。 レッスンの進め方が確立されていれば、スクールの管理体制がしっかりしているかの多少の判断にはなります。 ほとんどのスクールが無料体験レッスンを主催しているので、できるかぎり受けてみましょう。

最近はレアジョブなどネットでできる安い英会話もあります。 レアジョブはワールドビジネスサテライトでも紹介されたオンライン英会話です。最近シェアを広めてきました。 オンライン以外ですと、COCO塾、ベルリッツ、イーオンなどが有名です。よくキャンペーンをやっているので時期をみて無料の体験レッスンに参加してみましょう。

    オンライン英会話レアジョブ

    語学スクールのCOCO塾

    英会話のイーオン



講師の質

体験レッスンが終わると、もう一度説明をしてくれるところが多いと思いますが、 講師の平均年齢や出身国、講師歴、そのスクールでの講師歴を聞いてみましょう。 システム面では講師を選択制(日替わり)か固定制かも重要です。 個人的には、以下のような講師・システムがいいと思います。

英語を母国語とする講師(ネイティブ)

ごくたまにアジア系の講師がいますが、なまりがあったり、文法を知らなかったりする方がいます。

講師歴が長い講師

教え方を知っているので、効率よくレッスンしてくれます。
講師歴が長いと自分なりのレッスン方法を確立してる方が多いです。

そのスクールでの講師歴が長い講師

単に講師歴が長くても、そのスクールでの経験が浅いと、テキストに慣れていないため、進め方がうまくない場合があります。最悪な場合、テキストを初めてみたのか、その場でテキストを見て考え始めます。

講師固定制

都度の選択制もよいですが、やはり固定した方がよいでしょう。
自分の弱点や癖などを覚えてもらえますし、毎回自己紹介しなくてすみます。



テキストの質

テキストの質も確認しましょう。

初回の説明のときに見せてくれると思います。テキストを見せてくれないところは親切ではありません。 英会話スクールのテキストはとんでもなく高いことがあるので、自分にあったテキストかよく見てみましょう。 気に入らなければ、他のテキストがあるかも聞いてみましょう。

また意外に大きさ・重さも重要です。 仕事帰りに通ったり、英会話に行ったあとに買い物したりすることを考えると、テキストが重いと結構しんどいです。


その他

雰囲気

抽象的ですが、建物や部屋に入ったときの雰囲気が自分に合うか確認してみましょう。相性というやつですね。

環境

空調がよいか、周りがうるさくないかなど。特に狭いスペースだと、隣のレッスンの声が聞こえてしまいます。

支払い方法

月謝制で支払い可能かなど。最近はつぶれる英会話スクールも増えてます。リスク分散するには月謝制を選ぶといいでしょう。但し、一括全納の方が安くなることもあります。

生徒の質

可能であれば他の生徒さんの質もチェックしてみましょう。年齢層、品がよいかなど。うまくいけば友達になれるかも。

講師の数と生徒の数の割合

あまり生徒が多いと好きな時間に振り替えがとりづらくなりますし、講師の数が限られてるので指名制だと取り合いになってしまうかもしれません。また受付の方も忙しそうにしており、相談しづらいなどのデメリットがあります。



  

まとめ

最後に今回のポイントです。

■英会話スクールの講師は質が悪いこともあるので、自分なりの工夫が必要。

■マンツーマンで講師固定がおすすめ。

■誤った英語を使ったら、訂正してもらうようにお願いしよう。

■英会話スクールの評判はインターネットのクチコミで調べる。

■スクール選びは受付の対応、講師の質、テキストの質などを考慮する。





- PR おすすめアルクの通信講座 -

「1000時間ヒアリングマラソン」
もっと見たい方はアルクのおすすめ通信講座





共通
  英語表現を覚えるコツ
  単語の覚え方と文法学習
  教材や語学メディアを利用する
  英語ブログで勉強する

話す
  どうすれば英語が話せるか?
  英会話スクール選びのポイント
  発音がうまくなるポイント

読む
  読むスピードをあげるコツ
  インターネットは英文の宝庫

聞く
  リスニングに大事なこと
  数字を英語で言う練習

書く
  基本は話すと同じ

ページトップへ

英語中級者への道:TOPへ


- 英語中級者への道 -