賃貸

英語中級者への道(英語入門者~中級者向けの英語学習サイト)

HOME英語勉強法英検準1級対策英作文に挑戦ヒアリングマラソンコラムリンク


どうすれば英語が話せるか?


 英語を話すときに重要なのはアウトプットの回路を作ることです。英語表現を呼んで覚えるより、使って覚えた方が効果的です。 また英会話上達のコツは日本語を簡単な日本語に変換する技術です。役に立つポイントをいくつか紹介します。

アウトプットの回路を作る



  

英語のアウトプット回路を作る

英語を話す上で大事なことは脳みその中にアウトプットの回路を作ることです。

簡単な英語表現でも、話すときには出てこないなんてことがありませんか? 読めるけど、使えない。 これは日本語でも同じことが言えます。他人が使っている表現を自分が使えるとは限りません。 よく「大人語で話せない」と言ってるのも同じことです。言葉自体は理解はできるのですが、いざ自分が話そうとすると表現がでてこないのです。 日本の英語教育は読めるようになる教育方法であって、話せるようになる教育をしていないのです。

英語を話す能力の向上には、ひたすら使ってみることが重要です。 何度も表現を使って、自然と表現が出てくるように訓練するしかありません。 できれば機械的に繰り返し発するよりも、実際の場面で使った方が効果は高いです。

英語表現は、読んで覚えても、話せるようになるとは限りません。逆に話して(使って)覚えれば、当然読むこともできます。 どうやら話して覚えた方が効率がよさそうです。


最初は日本語から英語に変換


最初は日本語で考えてもよい

よく英語を話すときは「日本語で考えるな」と言われますが、初心者がいきなり英語で考えるのは無理というものです。 まずは日本語を英語に変換するところから始めればよいのです。

そして、覚えた表現を何度も使ってみましょう。使った英語表現は、そのうち日本語に変換せずとも、自然と口から出てくるようになります。 さらには、話すコツが分かるようになり、使ったことがない表現でもすぐに口からでるようになります。

無理はしないでください。ゲームでもいきなり最強のボスと戦ってもいつまでも勝てません。あせらず徐々にレベルをあげていきましょう。


日本語を言い換える技術


日本語を簡単な日本語に言い換える

「日本語を英語に変換する」ときに大事なのは「日本語を別の表現に言い換える」技術です。 1つ例文を用意しました。次の日本語を英語にしてみましょう。これは何年か前のNHKビジネス英会話のビ二ェットからの一文です。

「重要なファイルは全てCDにバックアップしてありますから損害はありませんが、いまのところ電子メールのやり取りはできません。」

英文の組み立てに慣れてない人にとっては難しく思えるかもしれませんが、実は意外と簡単に表現できます。以下が英訳です。

「All of my important files are backed up on CD, so that's no loss, but at the moment I can't send and recieve any e-mail.」


長い文章はいくつかのパートに分ける

文章を分析してみましょう。ここでは日本語を3つのパートに分けています。

① 重要なファイルは全てCDにバックアップしてある。
② 損害はない。
③ 今のところ電子メールのやり取りはできない。

文章を分けることによって、翻訳しやすくしています。 長い文章は無理して1文にせず、2つ以上の文に分解できるか考えてみましょう。


主語を見つけること

まず①「重要なファイルは全てCDにバックアップしてある。」ですが、「ファイルの全て」を主語にします。 そして受動態を使って「私の重要なファイルの全てはCDにバックアップされている」という風に少し文を変換します。

All of my important files are backed up on CD

ここで重要なのは、まず主語を見つけることです。 英語がすぐに出てこない理由は、主語が出てこないというのが大きいと思います。逆に主語が出てくれば、あとは動詞と目的語をつけるだけです。

日本人は学校で暗記したせいかボキャブラリはたくさん知ってますので、日本語に対応する動詞と目的語さえ知っていれば、それで文章が組み立てられます。

また受動態で組み立てるか、能動態で組み立てるかで悩むかと思いますが、これは個人の好みと、何を重要視するかによります。 この文章では受動態にしてますが、能動態にする場合「I backed up ~」のようにすればよいでしょう。


物を主語にするのは難しい

次に②の「損害はない。」ですが、これも主語を見つけましょう。 一見「損害」が主語のように思えますが、「~はありません」という表現を使って「There's no loss」などとします。 この文章では「there's」ではなく「that's」を使っています。

so that's no loss

物を主語とするのは結構難しいので、「私は損害がありませんでした」のように、適当な人物を無理やり補って主語にしてしまうのも1つの方法です。


自分なりに簡単な英語に置き換える

最後の③ですが、「電子メールのやり取りができない」をいったん「電子メールを送信したり受信したりできない」という日本語にしてから英語に訳しています。

but at the moment I can't send and recieve any e-mail

「やり取り」は、すぐに英語が出てきませんが、自分なりに言い換えて「送信したり受信したり」とすれば簡単に英語が出てきます。

無理にそのまま英語にしようとしなくてよいのです。要は相手に伝わればよいのですから。


ポイントは3つ

さて、おさらいしましょう。ここでのポイントは以下の3つです。

長い文章はいくつかに分けてみる。
主語を見つける。(その際、受動態か能動態かを決める。)
簡単な表現に置き換える。

このような観点で、日本語を簡単な表現に変換してから英語にすると、難しい文章も簡単に思えてきます。ある意味日本語の能力も必要なわけですね。

ただし会話中に、このような変換をしていては時間がかかって会話が成立しませんので、最終的には日本語変換なしで英語がでてくるレベルを目指しましょう。 一度使った表現は次から考えずに出てきたり、応用もできるようになるので、できるかぎり使う努力をしてみてください。


まずは4つのパターン


英語表現のパターンを覚える

自分の中で表現のパターンをいくつか持っておくと、英語を話すときに楽になります。 日本人はボキャブラリはよく知っていますが、文章を組み立てる力が不足しています。 パターンは文章を組み立てる手助けをしてくれます

一度にあまり多く覚えると使いこなせなくなるので、最初は4つくらいでもよいでしょう。 少ないと思うかもしれませんが、あまり多いと1つ1つの印象が薄くなって覚えません。 例えば、海外旅行が好きな人は、下記4パターンだけでもずいぶん楽になります。

① Could you ~?(お願いするときの表現)
② Can I ~?(許可を得るときの表現)
③ I'd like to ~.(希望を言うときの表現)
④ I'm going to ~.(予定を言うときの表現)

これに動詞と目的語を組み合わせれば、ホテルやレストランなどである程度の意思疎通はできます。 パターンは4つに限定する必要はありません。自分で使いこなせる数に設定してください。


パターンを徐々に増やす

使いこなせるようになったら、少しずつパターンを増やしていきましょう。 「There is ~」や「It is ~ to ~」などがお手軽です。

There is ~~があります。
It is ~ to ~~するのは~です。
Why don't you ~?~してはどうですか?
What does ~ mean?~の意味は何ですか?

覚えたパターンはノートにメモするなどして整理しておくと効果的です。 何事においても整理することは大事です。整理したものを見返すことにより、自分が覚えた量の把握や表現の再認識をすることができます。

少し覚えたら、また少し覚える。これの繰り返しで、ある程度の英語は話せるようになります。無理して一度にたくさん覚えようとせず、徐々に覚えていきましょう。


左に日本語、右に英語の本


日本語を読んでから英語を読む

私もいろいろ教材を試したのですが、話す英語に一番有効だと思ったのが 「左に日本語、右に英語訳」の短文がいくつも書いてある本です。

使い方は、まず日本語を読んでから英語を読みます。流し読みせず、じっくり日本語がどのような英語で表現されているかを意識しながら読んでください。

逆に英語を読んでから日本語を読むことはしないでください。読む力は上がりますが、話す力は上がりません。 日本語を読んでからの方が「ああ、こうやって表現するんだ。」となり、インパクトがあります。 これは単語を覚えるときにも同様のことが言えます。

「左に日本語、右に英語訳」の本は単調な繰り返しで、1冊終えるのに時間がかかりますが、終わったときにはかなりの英語表現が身についています。


レベルを上げながら3~4冊

少しずつレベルを上げながら3冊~4冊やるといいでしょう。 例えば、まずは中学~高校レベルの本、次に日常生活で使うレベルの本、次にニュースや新聞で使うレベルの本などです。

お薦めの本は、中学~高校レベルだと「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング 」です。 かなり評判のよい本で、中学英語だけで表現できる文章がたくさん載っています。難易度が低いのでストレスもありません。入門者の方に特にお薦めです。 他のシリーズもいくつか出版されています。



日常生活レベルだと「シンプルな英語で日本を紹介する 」と「日常英会話! 最強の3000フレーズ大辞典 」です。 まず「シンプルな英語で日本を紹介する」ですが、日本の文化を英語で紹介している本で、英語のみならず日本のことも勉強になります。 日本文化の紹介本ですが、日常で使う英語もたくさん使われています。難易度はやや高めでしょうか。



もう1つ「日常英会話! 最強の3000フレーズ大辞典」ですが、これは宝島社から出版されている本です。 やや雑誌っぽい本ですが、フレーズの数が豊富で、値段もお手ごろです。かゆいところに手が届くと言いますか、 これを言いたかったんだ的な英文がたくさん載っているのでかなりお薦めです。



残念ながら、ニュース・新聞レベルの本は私自身まだ見つかっていません。

ひたすら英語訳を見ていくだけなので、飽きやすい人には厳しいかもしれませんが、電車など通勤時間を利用して勉強すると意外に集中できます。 この種の本はベレ出版という出版会社がよく出しています。なかなか質の良い本を出してる会社なのでチェックしてみましょう。


フレーズはメモをする

気に入ったフレーズや使えそうなフレーズを見つけた場合は、メモしておくとよいでしょう。 その際はノートではなくパソコンなど電子的にメモしておくことをお薦めします。あとで検索が楽だからです。 私はノートに3冊分くらいたまってるのですが、こんなになってしまいました。



毎回探すのに非常に苦労しています。あとで検索しやすいように整理しておきましょう。 ただし印刷された無機質な文字より、手書きの文の方が覚えやすいという方は私のようにノートでもいいかもしれません。


音読だけでなく、使ってみる


実際の場面で使う

話す英語の訓練に音読というものがあります。 これは英語の文章をひたすら声に出して読み上げるもので、反復によって自然と口から英語表現がでてくるようにするものです。 よく「効果が高い」と言われ、多くの英語学習者が実践しています。

しかし、単に機械的に繰り返し声に出しても効果は少ないと思います。やはり実際の場面で使ってこそ身に付くというものです。
例えば、

 「昨日は雨でした」

を英語で言うと

 Yesterday was a rainy day.

まずこれを音読します。そのあと、実際の場面で使ってみます。ところどころ別の単語に言い換えてみます。

 Yesterday was a fine day.

慣れてきたら、少し複雑な文にします。

 The weather report says today will be a rainy day.

このように音読だけでなく、実際に使って覚えます。そして、文章を変えることによってバリエーションを増やします

あくまで日常生活の中で使ってみることが大事です。 本当は実際の会話の中で使えればいいのですが、 日常生活で外国人と接する機会が少ない方も多いと思います。そのような方は、自分の行動やその日の出来事を日記のような形で言ってみましょう。 音読自体が悪いというわけではありません。実際に使うことを意識して勉強することで効果が増大するのです。


  

まとめ

最後に今回のポイントです。

■英語は使って覚える。

■最初は日本語から変換するところから始める。

■日本語から英語へ変換するときのポイントは3つ。①長い文章はいくつかに分けてみる。②主語を見つける。③簡単な表現に置き換える。

■自分なりのパターンを作る。

■左に日本語、右に英語の本を使って、日本語から英語へ変換する技術を鍛える。

■実際に口に出して日常生活の行動を言ってみよう。




- PR おすすめアルクの通信講座 -

「1000時間ヒアリングマラソン」
もっと見たい方はアルクのおすすめ通信講座





共通
  英語表現を覚えるコツ
  単語の覚え方と文法学習
  教材や語学メディアを利用する
  英語ブログで勉強する

話す
  どうすれば英語が話せるか?
  英会話スクール選びのポイント
  発音がうまくなるポイント

読む
  読むスピードをあげるコツ
  インターネットは英文の宝庫

聞く
  リスニングに大事なこと
  数字を英語で言う練習

書く
  基本は話すと同じ

ページトップへ

英語中級者への道:TOPへ


- 英語中級者への道 -